読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20歳までに、映画館で自作アニメ映画を上映!

   自殺寸前で、家族も崩壊し、借金1000万を抱え、進学も断念しました。一度底まで堕ちた私が今、表現できることー。

3月21日 星を追うこどもを観た

 

 

おはようございます。

 

 

お久しぶりです。

 

 

3連休いかがお過ごしだったでしょうか。

 

 

 

私は、就職のためのスーツを買ったり

 

24を見たり、24を見たりしておりました。

 

新海さんの映画をabemaTVで拝見させていただきました。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

グッパイ&ハロー???

 

 

中学生の頃観た時、全くこの言葉の意味が分かりませんでした。

どっちだよと。

 

ですが

中学生の頃観た、全くの駄作の、星を追うことどもが

今となっては感動モノの名作の一つとなりました。

 

誰しもが、誰かを失っていて、忘れたいつもりでも

苦しくて、本当はどこか救われたい。

でも、死という別れは、さらにより良い

自分、世界との出会いであると

それがグッパイ&ハローであると。

 

無くなった命は、さらに大きな要素のエネルギーとなって

世界を循環していきます。

どんな生命でも、遅かれ早かれいつかは死にます。

では、死は悪い、悲しいことなのか。

そうではなく、また新しい出会いの始まりなのだと感じました。

生命の、生と死に対する尊厳、新しい表現を生み出した名作。

それをさらにグレードアップする形で、透明感のある

10代の懸命で不安定な情緒が感じられる主題歌がベストマッチしていました。

ジブリのパクリだと評され、私自身も昔そう感じていましたが

ジブリには無い、お話の味わいの波紋が広がり、しみじみと

心の隅々まで生きどどいて、洗浄してくれるような

何にも似つかないような、唯一無二の感覚にさせて頂きました。

やはりこの映画でも、新海節は健在です。むしろこれぞ新海です。

何かを亡くしてしまった方に、特におすすめの作品です。

死を少し前向きに捉えられるような映画です。

 

タイトルの、「星を追う子ども」とは

 

亡くなった大切な人(星)を死を、受け入れきれず

いつまでも引きずって、その跡形を追っている未熟な人間=子ども

こういうことではないかと感じました。

もちろん大人も含めて、皮肉的な意味合いでの子ども(精神的に?)

にたのではないかなぁ・・。

死を受け入れきれず、もがき苦しんでいる未熟な人たちということです。

実際そういう話ですし、やはり新海さんのロマンチックな

お話の構造大好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇日報

 

 

〇予定

 

□啓発漫画 32p ネーム完成

 

 

 

□ジレンマ かえでから 動画コンテ作成

 

どれくらい終わるか分からない&操作方法知らないので

 

とりあえず探り探りでやっていこうと思います。